プロに依頼するメンテナンス

 

プロに依頼するピアノのメンテナンスについて

 

ピアノを常に良い状態に保つことは、良い音が出て満足のいく演奏に繋がります。また、いつかピアノを手放すときにも、その査定額に大きく影響を与えることになります。そのためにも毎日の手入れ、自分でできるメンテナンスをすることが大事になります。しかし、自分ではできないようなメンテナンスは、プロに依頼するしかありません。自分でやって余計にピアノの状態を悪くしてしまっては元も子もありませんね。プロは専門の技術を持っていますから、信頼して任せることが出来るのです。ではどんなメンテナンスをプロに任せるのか。どんなことをプロはできるのか紹介していきましょう。

 

○調律・・・とても大事な作業です。ピアノは何年も、何十年も同じ音を出し続けることは不可能です。必ず音がズレてくるものです。それはピアノを理想的な環境に置いていたとしても必ず起きてしまいます。ましてや湿気の多い部屋や地方のピアノなら更に音のズレが出てくることでしょう。そんな時には調律師による調律が必要になります。

 

ピアノというのは木、皮などの天然の素材が使われています。ですから余計に環境に左右されやすいと言っていい楽器なのです。ですから一定の音を保つためには、半年に1度、あるいは1年に1度くらいのペースで調律をすることが望ましいのです。
実際に調律をしてもらうと、戻りの悪かった鍵盤がしっかりと戻るようになってり、音の出にくかった鍵盤もなおったりします。

 

○クリーニング・・・普段の清掃、磨きではできないクリーニングです。プロの作業はより専門的で、ピアノの外部はもちろん、内部まで分解してきれいにします。内部のクリーニングはとても素人には出来ませんね。

 

プロはピアノを分解してピアノの内側をきれいにしてくれます。ピアノの中にはホコリ、汚れが溜まっています。これが酷いと音に影響してきますから、しっかりとクリーニングしてくれます。また、この時に部品の交換もお願いするといいでしょう。それはなかなか素人では気づけない部分です。またペダルのくすみもきれいにしてくれます。ピアノの外部に関しても専用のクリーナーなどを使いピカピカにしてくれます。プロのクリーニングで、まるで新品に生まれ変わったかのようにキレイになるのです。

 

プロのメンテナンスはピアノを維持していくために必要だと言えます。しかし、費用が掛かってきます。それは仕方がないことでしょう。もし、買取をしてもらうならば、余計にプロのメンテナンスは必要です。プロがメンテナンスしたピアノは、そうでないピアノと比べて確実に査定額があがることでしょう。そうなれば、メンテナンスに掛かる費用も高くはないと言えるのではないでしょうか。