ピアノ維持に必要な調律の料金

 

ピアノ維持に必要な調律の料金は?

 

ピアノに必ずやらなければいけないメンテナンスが「調律」です。毎日のように弾いている人ならば、敏感に音のズレがわかることでしょう。また鍵盤の戻りが鈍かったり、音が出にくくなっていたり。このようなことは、ピアノには必ず起きることです。ですから時々調律が必要になるのです。ピアノは外見がキレイなものが良いのではありません。それも含めて音が完璧でなければなりません。

 

そうでないピアノは粗悪品と呼ばれても仕方がないでしょう。音に厳しい人の中には、そんなピアノをピアノの形をした置物と呼ぶ人もいるくらいです。将来買取を考えている人にとっても調律はとても重要なことです。調律がしっかりできているピアノならば、買取の際の査定額が高くなるからです。そのためにもピアノを所有しているならば、定期的に調律をしてもらう事は必要なのです。

 

さて、その調律ですが、調律師というプロに依頼することになります。そのために料金がかかります。一体どれくらいのお金がかかるのでしょうか。

 

ここで詳しく紹介しましょう。調律料金というのは、一定ではありません。まずは、ピアノの状態によります。状態が酷くなればもちろん調律は大変ですから、費用は高くなります。そのほか、地域にも違いがあります。更にピアノの種類にも違ってきます。そして依頼する業者によっても同じ調律でも違ってきます。そんな中、一般的には、大手楽器メーカーの直営楽器店に依頼するのが最も高い料金になると言われています。そのほかに調律をしてくれるところには、一般の楽器店、そして自営の調律会社などがあります。料金は一概に言えるものではありませんが、次の料金を参考にしてみてください。

 

一般家庭にあるグランドピアノが約15,000円、アップライトピアノ約12,000円です。この金額ですが、これは前回調律したときから、1年以内に調律した場合の料金なのです。ですから、しばらく放置いしてあったピアノを調律する場合には、そのような金額では調律が出来ないという事です。ピアノ状態が悪ければ別途技術料金、部品料金などが必要となって高くなるのです。調律では、一緒に整音をして音色を整えます。こうすることでよりピアノらしい音が蘇ります。しかしこれは別料金になります。

 

修理が必要になったらその修理代も別料金となります。その他にかかる費用として、出張料金も掛かってきます。これから調律をしようと考えているならば、まずは業者選びをし、そして調律料金に何が含まれているのか、しっかりと確認してください。費用をはっきりさせてから、調律してもらいましょう。