弾かなくなったピアノをあなたはどうしますか

 

≪ピアノの処分・売却お役立ちHP≫不要なピアノを高く売る!

 

小さいころは、よく弾いていたピアノ。今では全く弾かなくなって、部屋の隅に追いやってある。そんな方は少なくないようです。部屋のインテリアのひとつと考えている人も中にはいるかも知れません。しかし、インテリアや飾りとしては、ちょっと大きいものですね、ピアノは。広い家で、いくつも部屋がある方はあまり問題が無いかも知れません。しかし、そんな人も多くはないでしょう。普通の家に住んでいれば、弾かないピアノは邪魔な存在かも知れません。しかし、購入した時には高額なお金を出したわけですから、簡単に捨てるわけにもいかない。そんな人は少なくありません。増してや愛着のあるピアノです。出来れば親類や親しい友人などに譲ることが出来るといいのですが、、、。

 

このような状況の方に、おススメしたいのがピアノの売却です。売却は処分とは違います。もちろんピアノの程度によってはまとまったお金が入ってくる可能性があります。また、大事なピアノは解体されて処分されるのではなく、メンテナンスをされて、キレイニなり、また調律もされて、しっかりとしたピアノに生まれ変わり、どこかの方がまた弾き続けてくれるのです。そう思うと、手放すことも、そんなに難しい選択ではないのではないでしょうか。さて、売却を考えた場合に、どこに売ればいいのかが問題になってきます。しかし、安心してください。今はピアノの買取をしてくれる業者がいくつもあります。そのような業者に買い取ってもらえばいいのです。

 

そこで重要なのが、買い取り価格です。これは業者によってかなり違います。いくつも業者がありますから、どこが高く買い取りをしてくれるのか、知りたいことでしょう。そんな時に利用したいのが、インターネットで、ピアノ査定を複数の業者に一括して依頼することができるサイトです。大変便利なサイトです。直ぐに高く買い取ってくれる業者がわかります。もしも今すぐに売ることを考えていない方でも、先ずは、自分のピアノの買取相場を知ることは有益です。将来的に売る際に、一番相場価格がいい時期を知っておくのは賢明です。いつか売るために、今からキレイに保存していくのも大事です。メンテナンスもしていければ、買い取り価格が上がる可能性も出てくることでしょう。まずは、参考のために買い取り業者のホームページなどを検索してみるといいでしょう。

ピアノの種類により買取できない業者もあるのです

 

≪ピアノの処分・売却お役立ちHP≫不要なピアノを高く売る!

 

ピアノといっても種類があります。買い取り業者はすべての種類のピアノを買い取るわけではありません。なかには電子ピアノなどは買取しない業者も少なくありません。まずは、ピアノの種類をおさらいしまよう。

 

○グランドピアノ・・・一番華やかなピアノです。ホテルのラウンジや、コンサートホールなどによく置かれています。デザインも高貴で、このピアノが置いてあるだけでその場の雰囲気がぐっと落ち着いてきます。サイズは大きいので、家庭向きではありません。大きさは奥行きが150cmくらいのものから、270cmくらいのものまであります。

 

○アップライトピアノ・・・家庭によくあるピアノです。学校などでも、このタイプが一番使われています。グランドピアノよりサイズが小さいですから、家庭に普及しているのも頷けますね。コンパクトな分、音はグランドピアノより劣ります。
サイズですが112cmくらいのものから、131cmくらいのものまであります。大きくなれば音も大きくなっていきます。

 

○電子ピアノ・・・近年普及してきたタイプのピアノです。デジタルピアノとも呼ばれています。グランドピアノの音を電子データ化して音を出しています。電子ピアノのメリットは、温度、湿度などに影響されずに、常に一定の音程が保たれるというところ。デメリットは、生音でないですから、ピアノ独特の優しい響きがありません。

 

○エレクトーン・・・多くの方が勘違いされているのではないでしょうか。エレクトーンとは、ヤマハが作っている電子オルガンのことを言います。他のメーカーのものは、エレクトーンと呼びません。これはヤマハが登録商標をしているからです。最大の特徴は、リズム機能が付いているところです。これ一台で、厚みのある伴奏が可能です。

 

このように、ピアノには種類があります。今挙げたものは一般的に出回っているピアノです。この他にも特殊なピアノがありますが、買い取りなどの流通にのるものとなると、今挙げたものとなります。つまり買い手がいるものが売れるという事です。一番買取、販売と流通されるのが、アップライトタイプのピアノです。業者によって買取しない種類のピアノがありますから、売却しようとする場合、まずは、チェックしてください。

「買取不可品」とされるピアノはこのようなものです

 

≪ピアノの処分・売却お役立ちHP≫不要なピアノを高く売る!

 

これから自分のピアノを買取してもらおうと考えている人は、まず、どんなピアノでも買取してもらえるわけではないということを理解してください。傷だらけのピアノであったり、ほとんど音が出ないようなものだと、これはムリなんじゃないかと自分でも思うことでしょう。買い取りする業者の中にもやはり、ある程度の条件があるのです。それをまずは知ってから、買取してもらうのか考えましょう。ではどのようなものが買取不可なのか、また査定すら受け付けてもらえないのか。業者がチェックする項目を紹介していきましょう。

 

○年式・・・車の買取でもそうですが、この年式というのはひとつの基準になります。ただ車のように消耗が激しいものではありませんから、車ほど重要視はされません。ただ、ピアノとなると、買ってから相当な年月使用しているケースが多いです。そこで業者では、30年を一区切りとして査定をします。つまりピアノが製造されて30年以上経っていなければ、査定可能であり、それ以上経っていれば査定は不可能で、買取不可だということです。ただ実際には、業者によって若干違いがありますので諦める前に業者に確かめてみるといいでしょう。珍しいピアノ、貴重なピアノ、またメーカーによっては、査定してくれることがあります。

 

○傷、故障・・・傷については、目立たないような、そんなに大きな傷でなければあまり気にしなくていいでしょう。家に長年置いておくと、引っ掻き傷などがついてしまうものですが、あまり神経質にならなくても大丈夫です。次に故障ですが、よくある鍵盤の上りが鈍いという故障などは、大丈夫です。音が出ない鍵盤があったりすると、メンテナンスが必要になりますから、査定額は低くなってしまうでしょう。また外装塗装が剥げていたり、目立つ大きな傷があれば、それも査定に響いてきます。

 

できるだけ高い査定額にするためには、複数の買取業者に見てもらうことが大事です。ひとつの業者に買取不可と言われたピアノでも、違う業者では査定をしてくれるケースがあるのです。

できるだけピアノを高く査定してもらうためにすべきこと

 

≪ピアノの処分・売却お役立ちHP≫不要なピアノを高く売る!

 

これからピアノを買い取ってもらうならば、出来るだけ高く買い取ってもらいたいと思うのは誰もが一緒でしょう。これは車の買取とおなじことが言えます。少しでも高く買い取ってもらうために、まず頭に浮かぶことは、複数の業者に査定をしてもらう事です。一社だけに査定してもらい、その査定額で買い取ってもらうなんて、絶対にやめることです。いろんな業者がありますから、査定額も違っているのがあたりまえです。

 

ですから複数の業者に査定額を出してもらいましょう。それだけで、高く売れる可能性が上がります。インターネットのサイトなどでも比較サイトがありますから、それなどを利用してどこが高く査定してくれるのか。チェックしていきましょう。そして、並行して査定額を上げるために普段自分で出来ることをやっていきましょう。買取業者が一体どこを買取ポイントにしているか。それが重要ですね。そこで、査定額アップに繋がることを紹介します。

 

○きれいな状態であること・・・まずは、これですね。ぱっと見て、これはきれいなピアノだという印象を持ってもらえば、査定はまず上がります。購入側の気持ちになって考えてください。

 

古くて傷だらけのものよりも、新しくてきれいなものの方が良いに決まっていますね。たとえ年数が古くても使い方、日頃からメンテナンスをしているピアノは良品です。ピアノは何十年も使ったものが流通します。年式の古さより、外見の古さは意外に重要視されます。今からでも遅くありません。ピアノの周りから磨いていきましょう。

 

○付属品の有無・・・ピアノを購入した時に付いていた付属品が今もありますか。説明書もそうですが、できるだけ買ったときと同じ状態であることで、査定額は上がります。

 

付属品、説明書などすべて揃った状態ならば、かなりの査定額アップが期待できるでしょう。中には、そこまで査定しない業者もあるようですから、もしない方はそのような業者に査定してもらいましょう。

ズバット

 

≪ピアノの処分・売却お役立ちHP≫不要なピアノを高く売る!

 

ピアノの買取査定を一括でできるインターネットのサイトはいくつかあります。どのサイトも簡単な情報入力でピアノの査定額がわかります。中でも「ズバット」は業界でのシェア率NO.1を誇る人気サイトです。この「ズバット」では、最大5社に一括査定を申し込むことができます。

 

入力にあたって必要な情報は、ピアノのメーカー、種類、モデル名、製造番号、ペダル本数、ピアノ設置場所についてなどです。この他にピアノの色、状態、機能などが任意項目で自由に入力するようになっています。

 

入力にかかる時間は約3分あれば出来るでしょう。それを1回入力すれば、終わりです。ネットの環境がない方には、電話での査定にも応じてくれます。通話料は無料ですから安心です。10時〜18時の間に電話をすれば査定をしてくれます。

 

口コミでもかなり評判は良いようです。例えば「査定結果で最高額業者が一目瞭然だった」、「とても見やすくてよかった。」とか「売れないと思ってダメもとで出した査定申込でしたが、売れて驚きました」、「査定の相場を知ることができてよかった」などの声が挙がっています。

 

このような査定一括サイトで気になるのは、そこに参加している業者です。「ズバット」に参加する業者はどれも優良な業者です。なぜならサイトの「ズバット」が、参加する業者に対して厳しい基準を設けているからです。そうして集まった業者が広告費を出し合うことで、サイトは運営されているのです。また利用者の査定額も無料にできるのです。

買取の際のトラブル

 

≪ピアノの処分・売却お役立ちHP≫不要なピアノを高く売る!

 

弾かなくなったピアノを売却しようとした時に、買取業者と交渉することになります。ピアノという高額なものを何度も買取してもらう人などはそういないものです。ですからほとんどの方が、ピアノの買取を初めて経験することになるのです。ですから、慣れていませんからわからないことももちろんあるでしょう。そこで重要なことが、信頼できる買取業者を探すことなのです。買取業者の中には、実は悪徳な業者がいるのです。そのような業者に買取をしてもらい、金銭トラブルに巻き込まれるケースがあるのです。こてから買取を考えている人は、十分に注意をしてもらいたいところです。以下注意してもらいたいポイントを挙げていきましょう。

 

まずは、傷があるからとか、古いからと言って買取は不可能と決めつけてくる業者があります。ピアノの場合どんなに古くても大概は値段がつくものです。増してや、「処分すると処分費用がかかるから無料で引き取ります」などと言ってピアノを無料で持って行く業者がいますから注意が必要です。それだけでなく、その運搬費を取っていく業者もあるのです。

 

そしてこれも多いトラブルです。査定額から大幅に必要経費などを引いて、実際の買い取り額がかなり低くなる業者です。査定額に満足して買取依頼をしてから金額が変わるトラブルです。こういった業者は大した説明もないまま買取を進めていきますので注意してください。査定額が安い業者も信頼出来ませんが、逆に異常に高い業者も注意しましょう。このようなトラブルに遭わないためには、自分のピアノの買取相場を知るようにしましょう。相場価格からあまりにもかけ離れている業者は危ないです。できるだけ高く売りたいと思う気持ちはわかりますが、金額ばかりを追っているとトラブルに巻き込まれる可能性があります。出来れば複数の買取業者に査定をしてもらい、買取を進めていくことがトラブルを回避できるひとつの方法と言えるでしょう。

更新履歴